Kobe Beef Marketing & Distribution Promotion Assocication Byaws 「神戸肉・神戸ビーフ」の定義

但馬牛の定義
【第20条】
「但馬ぎゅう」とは、本県の県有けんゆう種雄牛のみを歴代にわたり交配した但馬牛たじまうしを素牛とし、繁殖から肉牛として出荷するまで当協議会の登録会員(生産者)が本県内で飼養管理し、本県内の食肉センターに出荷した生後28ヵ月令以上から60ヵ月令以下の雌牛・去勢牛で、歩留・肉質等級が「A」「B」2等級以上とし、瑕疵等枝肉の状態によっては委嘱会員(荷受会社等)の確認により判定を行う。 尚、但馬ぎゅうを但馬ビーフ、TAJIMA BEEFと呼ぶことができる。
神戸肉・神戸ビーフの定義
【第21条】
「神戸肉・神戸ビーフ」とは、第20条で定義する「但馬ぎゅう」のうち、未経産牛・去勢牛であり、枝肉格付等が次の事項に該当するものとする。 尚、神戸肉・神戸ビーフをKOBE BEEF、神戸ぎゅう、神戸うしと呼ぶことができる。
〈1〉歩留・肉質等級
・「A」「B」4等級以上を対象にする。
歩留・肉質等級
〈2〉脂肪交雑
・脂肪交雑のBMS値No.6以上とする。
〈3〉枝肉重量
・雌は、270kg以上から499.9kg以下とする。
・去勢は、300kg以上から499.9kg以下とする。
〈4〉その他
・枝肉に瑕疵の表示がある場合は、本会が委嘱した畜産荷受会社等(委嘱会員)がこれを確認し、「神戸肉・神戸ビーフ」の判定をする。

牛肉の格付は、歩留等級と肉質等級で決まります

神戸ビーフおよび但馬牛認定頭数実績

神戸ビーフ認定頭数
年度 頭数
平成20年度 2,955頭
平成21年度 2,892頭
平成22年度 3,093頭
平成23年度 3,584頭
平成24年度 3,948頭
平成25年度 4,679頭
平成26年度 5,077頭
平成27年度 4,947頭
平成28年度 5,302頭
平成29年度 5,557頭
平成30年度 5,383頭
令和元年度 5,640頭
令和2年度 6,120頭
※上記の数字は、右の但馬牛認定頭数の中に含まれています。
但馬牛認定頭数
年度 頭数
平成20年度 5,727頭
平成21年度 5,705頭
平成22年度 6,074頭
平成23年度 6,434頭
平成24年度 6,943頭
平成25年度 7,160頭
平成26年度 6,983頭
平成27年度 6,605頭
平成28年度 6,653頭
平成29年度 6,771頭
平成30年度 6,415頭
令和元年度 6,470頭
令和2年度 6,790頭