News

ハラール認証を受けた三田食肉センターにより、アラブ首相国連邦への輸出が可能になりました

2016年03月10日

ハラール認証の神戸ビーフの屠畜、加工を行っている三田食肉センターが、2015年末のアラブ首長国連邦政府機関による査察を経て、2016年1月付で「ハラール屠畜を行う屠畜場」として正式に認可を受けました。

これを受け、3月10日、三田食肉センターは、厚生労働省から対アラブ首長国連邦輸出食肉取扱施設としても登録され、相互の準備が整い、ハラル市場へ神戸ビーフの輸出が可能になりました。

神戸ビーフがイスラム圏の方々に届き世界の舌を魅了する日も近いです。

» お知らせ一覧へ戻る